バラエティ

中澤希水【書道】の年収や経歴は?出身高校や本名などプロフィール!

熊谷真美さんの旦那さんでもあり、書道家として活躍している中澤希水さん!

年の差夫婦としても注目されていますよね^^

今回は、中澤希水さんを紹介していきます♪

スポンサーリンク

中澤希水のプロフィールや経歴は?

  • 名前:中澤希水(なかざわ きすい)
  • 本名:中澤元臣
  • 生年月日:1978年1月6日
  • 年齢:42歳(2020年3月7日時点)
  • 出身地:静岡県浜松市

中澤希水さんは、書道家として活動しています。

書道教室を開いていて、奥様の熊谷真美さんは生徒だったことで話題になりましたね^^

 

中澤さんと熊谷さんは、年の差夫婦としても注目されています。

その年の差は、18歳!

 

始めは生徒と師匠の関係でしたが、中澤さんから熊谷さんを食事に誘い恋愛へと発展していったんです♪

なんとも、羨ましいですね^^

 

そんな中澤さんが書道家としての道を歩むと決めたのは、大学受験のときでした。

実は中澤さんの父親と母親も書道家!

 

大学進学の時に、両親が進学した「大東文化大学」を受験することを決意。

卒業後は書道家の道で生きると決めたのは、中澤さん自身の決断だと話していました^^

 

大東文化大学は日本で初めて「書道学科」が設立された大学です。

中澤さんが進学したのは、書道学科ではなく中国文学科でした。

そして書道部に所属して、書道を学んだのです。

 

部活と言っても、その実力は本物!

大東文化大学の書道部の作品がこちらです^^

 

こうして中澤さんは書道部で書道を学びながら、故・成瀬映山氏を先生として仕える事になりました。

故・成瀬映山氏は、文化功労者にもなっている人物。

 

「文化庁」の文字を書いた人物としても、知られていますよ^^

大学在学中の4年間は、書道を学び続けた中澤さん。

しかし、卒業後に突然のスランプがやってきます。

 

スランプの3年間は、書道から離れて自分の時間に没頭したんだそう。

その後「一生続けていくのは書しかない」と気付いた中澤さんは、また書道の道へと帰ってきました^^

 

現在は個展を開いたり書道教室を持ったり、書道家として忙しい毎日を送っているようです!

中澤希水の出身高校は?

中澤さんが大東文化大学を卒業した事は知られていますが、出身高校はどこなのでしょうか?

調べていくと、静岡県浜松市にある「興誠(こうせい)高校」(現在・浜松学院高校)だった事が分かりました^^

 

「興誠(こうせい)高校」(現在・浜松学院高校)は、プロ野球選手やサッカー選手・バスケットボール選手などたくさんのスポーツ選手が卒業しています!

浜松学院高校はスポーツだけでなく、書道の教育にも力を入れているんですよ^^

 

なんと書道部は毎年、全国高等学校総合文化祭に静岡県代表に選出!

さらに2002年度からは書道コースも設立されているんです。※現在は「ドリーム実現コース」の「書道系」となっています。※

 

中澤さんは、興誠高校の学校名時代に書道コースの非常勤講師を務めていました。

実は中澤さんの父親・中澤皐揚(こうよう)さんも興誠高校の書道部がきっかけで、書道の道を選んだそうですよ^^

スポンサードリンク

中澤希水の年収はいくら?

書道家として活躍する中澤さんですが、どのようにして収入を得るのでしょうか?

こちらも調べてみました^^

 

一般的な書道教室の先生の年収は、440万円~480万円とされています。

中澤さんが開催している書道教室の料金を見てみましょう!

東京教室:定員8名で毎月1万円

京都教室:定員12名で毎月5000円

これらを計算すると、書道教室で得る年収は360万円ほどと考えられますね。

 

さらに、中澤さんは書道教室以外の活動も行っています^^

書道の通信講座

書道のワークショップ

企業ロゴのデザイン

物品のデザイン(スマホカバーやシャチハタなど)

個展の開催

 

これらを踏まえて考えると、中澤さんの年収は800万円ほどではないかと推測しています!

 

2014年には「第9回手島右卿賞」を受賞、2016年には浜松市親善大使に任命された中澤さん。

今後も活動の場を広げていきそうですね^^

これからの活躍を期待しています!

高橋ひかるは復帰したの?休業の理由が妊娠ってマジ?2019年に休業を発表した高橋ひかるさんがスクール革命に出演している姿を発見! 「あれ?復帰発表していたっけ?」 と、驚いて...
スポンサーリンク
ABOUT ME
mugibatake
小学生の子を持つ一児の母です^^ 産後、ドラマもニュースも見れず流行から遠ざかっていましたが一念発起! 応援したい人・気になる人やお店を調べて記事にしています。