ドラマ

【青のスクールポリス】原作あらすじをネタバレ!小説の続編はある?

藤原竜也さんが主演をつとめるドラマ「青のスクールポリス」の放送が発表されました^^

公式ホームページでは、完全オリジナルと書かれています。

ですが調べてみると、どうやら設定を参考にした小説があるようですよ^^

今回はドラマ「青のスクールポリス」の原作について紹介していきます♪

スポンサーリンク

【青のスクールポリス】ドラマの原作はある?

藤原竜也さんが主演をつとめるドラマ「青のスクールポリス」の放送が発表されました^^

大好きな俳優さんということもあり、今から放送が待ち遠しく感じます♪

 

ドラマの発表があると気になるのは、「原作があるのか?」ということ!

今回も「青のスクールポリス」に原作があるのかをチェックしてみました^^

 

上で紹介している画像は、ドラマ公式のSNSです。

そこには、こう書いてありますね!

「青のスクールポリス」は完全オリジナル作品となっております。 

引用:公式ツイッター

 

そう、完全オリジナルのドラマなんです^^

ただし、よく調べてみると設定の元となった原作があるようですよ♪

 

それがこちら!

 

佐々木充郭さんが描いた「スクールポリス」が元になっていました^^

この本のあらすじは、こう紹介されています。

警察が治安を守り、教師を教育に専念させる”学校内警察制度。アメリカや韓国に次ぎ、日本初のスクールポリス・嶋田隆平が赤嶺中学にやってきた。嶋田は独自の職務理念を貫き波乱を起こしながら、セクハラ、ネット晒し、ストーカーなど学内に潜む問題を次々と暴いていく。

引用:グーグルブックス

 

藤原竜也さんが演じる主人公・嶋田隆平と原作は同じ名前である事が分かりますね!

さらに、ドラマで嶋田が訪れる学校も「赤嶺中学」と原作と同じ名前^^

小説「スクールポリス」の設定を元に、ストーリーはドラマオリジナルのものになるのかもしれませんね♪

【青のスクールポリス】ドラマの原作あらすじをネタバレ!

原作は漫画ではなく、小説として発売されています。

私が本屋さんでこの小説を見かけたとき、「エンターテイメント」と紹介されていました。

 

実際に読んでみると、その言葉通りサクッと1冊読めてしまう気軽さでしたよ^^

原作の舞台は、いっけん何の問題もないように見える赤嶺中学校。

 

赤嶺中学校に日本初のスクールポリスが配属されました。

スクールポリスとは「教師を教育という本分に専念させるという名目で設立された学校内警察制度」のこと。

 

その有効性を確かめるために、嶋田は赤嶺中学校へと配属されました。

一見何の問題もない赤嶺中学校ですが、嶋田が配属された事により先生たちも気付いていなかった問題が次々と判明します。

  • 生徒の授業妨害行為
  • 教師間のセクハラ
  • 教師間のマタハラ
  • 盗撮行為
  • ネットへ画像流出
  • ストーカー行為
  • 生徒の薬物疑惑

などなど・・。

 

生徒たちの問題だけでなく、先生同士の間に起きる問題も書かれています。

ドラマの予告では、嶋田が生徒を「公務執行妨害!」と叫んで手錠をはめるシーンがありました><

実は、この場面原作でも登場しているんです!

 

文章を読んだだけの私でも驚いた場面ですが、映像で見るとよりリアルに感じました><

作者の佐々木さんは、脚本家であり演出家でもあります。

そのため、文章を読んだだけでも頭に映像が浮かぶような小説でした^^

【青のスクールポリス】ドラマの原作あらすじをネタバレ!続編はあるの?

ここまで「青のスクールポリス」の原作を紹介してきました^^

原作は小説で完結しているため、ドラマも続編があるのか気になりませんか^^?

 

そこで、ドラマの続編の可能性もチェックしてみましたよ♪

実は小説のあとがきには「次の構想がある」と、書かれているんです^^

 

小説が発売されたのは2016年9月でした。

2020年時点で発売から4年経っている事もあり、原作の続刊が登場する可能性はかなり高いと思っています♪

 

そして原作の発売を待って、ドラマの続編も発表されるのではないかと期待していますよ^^

こちらは、新しい情報が分かり次第追記していきますね!

スポンサードリンク

【青のスクールポリス】キャストは?

嶋田隆平…藤原竜也さん

警視庁捜査一課の敏腕刑事。

常に冷静沈着で毒舌家として知られている。

 

そんな彼が、東京都の中学校で導入されることとなった日本で初めてのスクールポリスに志願します。

スクールポリス・嶋田が配属される赤嶺中学校は、表向きはどこにでもある中学校。

しかし、スクールポリスが配属されてからさまざまな事件が判明していく。

 

SNSトラブルや生徒の薬物疑惑、盗撮事件、教師のマタニティハラスメント、セクシャルハラスメントなど、世間を騒がせた社会問題にスクールポリス・嶋田が挑んでいく。

 

浅村涼子…真木よう子さん

赤嶺中学校の国語と3年1組を担当する教師。

聡明で職業意識の高い性格。

 

スクールポリス制度に関して浅村は、当初から反対していた。

「学校に警察官がいるなんて不自然」という考えを持つ。

 

常に生徒の側に立つ浅村は、罪を犯した生徒に対して手錠をかける嶋田と度々衝突を繰り返す。

 

日本ではあまり知られていない「スクールポリス制度」。

子供を持つ私たち親にとっては、どんな内容なのか気になります><

今後も新しい情報が分かり次第、追記していきますので楽しみにしていてくださいね!

スポンサーリンク
ABOUT ME
mugibatake
小学生の子を持つ一児の母です^^ 産後、ドラマもニュースも見れず流行から遠ざかっていましたが一念発起! 応援したい人・気になる人やお店を調べて記事にしています。