ドラマ

【死役所8話ネタバレ】凛の結末がかわいそうで泣ける!原作の最後は?

死役所のお話の中でも一番胸が締め付けられるのが、虐待を描いた凛ちゃんの物語ではないでしょうか><

今回は凛ちゃんのお話の結末を一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

【死役所8話ネタバレ】凛の結末がかわいそうで泣ける!原作の最後は?

ある保育園に凛ちゃんという女の子の園児がいました。

凛ちゃんはとてもかわいくて優しい子で、保育園でも先生の手伝いを率先してできる子です。

しかし保育園の先生は、凛ちゃんの体に不自然なアザがあるのを見つけるんですね。

それをきっかけに先生は、

  • 凛ちゃんが毎日同じ洋服を着ていること
  • 凛ちゃんの頭からフケがよく出ていること
  • 凛ちゃんのお母さんが二日酔いで入園式も来ないこと

など、これまで不自然に思っていたことを園長先生に相談します。

その後、保育園側は凛ちゃんの家に家庭訪問することを決めますが実現することができません。

 

凛ちゃんの家の実態は…

  • 母親は毎晩飲みに行ってしまうため昼間は寝ている
  • 家の中はゴミがたくさんある状態

というヒドイものでした><

 

この家の状況を原作の漫画で見たとき、すでに胸が締め付けられる想いでした…。

こんな状況でも、凛ちゃんは泣いたりワガママを言うことなく一人静かにお気に入りの絵本を読んでいるんです。

「寝ているお母さんを起こさないように…」

と気遣いながら><

 

そのお気に入りの絵本が

「あしたのわたし」

という本です。

この本がどうして大切かというと、

「大好きなお母さんに買ってもらった本」

だからなんですね…。

 

ある寒い冬の日、絵本を読む凛ちゃんの声がうるさいと怒った母親は凛ちゃんを着の身着のままベランダへ放り出し窓のカギを閉めてしまいました。

夜になって母親はいつも通り外出し、男性と帰宅し一晩を過ごします。

その間雪が降り始めても凛ちゃんはベランダに放置され続け、翌朝息絶えた凛ちゃんが発見されるという結末で締めくくられます。

 

原作を読んでいると、途中目を背けたくなる気持ちになりました><

「そんなお母さん嫌いになっちゃえ!」

と、思っても無条件で母親が大好きな凛ちゃんの姿が忘れられません。

凛ちゃんが命を落として死役所に行ったときも、自分が虐待されていたことに気付くことなくお母さんを大好きでいる凛ちゃんの姿にイシ間と同じくらい泣いてしまいました><

【死役所8話ネタバレ】凛の結末がかわいそうで泣ける!みんなの口コミは?

実際に凛ちゃんのお話を原作で読んだ人たちの声を集めてみました><

原作ファンのみなさんも、凛ちゃんの結末に涙が止まらないようでした。

けれど、死役所の魅力は

「虐待=親が悪い!最低!」

という一筋縄で終わらないところにありますね^^

 

亡くなった凛ちゃんは、少しも母親を恨んでいないんですよね><

生まれてから亡くなるまで、そして亡くなってからもずっとずっと母親が大好きなんです。

亡くなった子供の感情は、私たちが虐待のニュースを見て抱く感情とは別なんだなと気付かされました。

毎回私たちが想像しない、裏側の世界観を描いているのがこのお話の魅力だと思っています。

 

原作では、母親が逮捕されるシーンまで描かれていましたね。

ドラマはどんな結末で終わるのでしょうか?

注目していきたいですね!

スポンサードリンク

【死役所8話ネタバレ】凛の結末がかわいそうで泣ける!成仏の先は天国か地獄か?

死役所では毎回、成仏した後の世界も話題になっているんですよ^^

天国に行くのか?

はたまた地獄に行ってしまうのか><

なんて、予想しながら見ていくのも物語を深堀りできて面白いですよね!

 

世間では

「親より先に亡くなるのは親不孝」

なんて言われています。

私は以前「親より先に命を落としたら、地獄に行く!」と描かれた絵本を読んだことがあり、とてもビビった記憶があります^^;

 

では、親より先に亡くなってしまった凛ちゃんは地獄に行かなければいけないのでしょうか?

答えはもちろんNOですよね。

絶対、天国に行って生まれ変わって欲しいと願っています><

 

凛ちゃんがお気に入りだった絵本は、よみがえりを描いた物語です。

この絵本が、凛ちゃんの成仏後の世界を現しているのではいかと予想しています^^

死役所【イシ間】成仏した先は天国か地獄か?過去や罪の理由もネタバレ!死役所で、でんでんさんが演じるイシ間さん。 とっても役に合っていて原作の雰囲気を崩していないのがいいですよね^^ 今回はイシ...
スポンサーリンク
ABOUT ME
mugibatake
小学生の子を持つ一児の母です^^ 産後、ドラマもニュースも見れず流行から遠ざかっていましたが一念発起! 応援したい人・気になる人やお店を調べて記事にしています。