ドラマ

死役所【ハヤシ】罪の理由がかわいそう?衝撃の過去をネタバレ!

死役所で働く、イケメンと話題のハヤシ。

いつも適当そうな態度から、罪の理由も簡単に想像してしまいませんか?

でも実は、彼の過去には同情の声があがるほど衝撃なものでした…><

今回はハヤシの過去をネタバレしながら見ていきましょう!

スポンサーリンク

死役所【ハヤシ】かわいそうな罪の理由とは?

死役所で唯一のイケメンと話題のハヤシ。

いつも漫画を読んでいたり仕事もめんどくさそうにしていたりと、一見何も考えていないように見えちゃいますよね^^;

でも、実は彼にも壮絶な過去があったんです。

※ここからは、原作を元にネタバレを含むので注意してくださいね※

 

ハヤシは自分の祖父の葬儀で、両親の実の子供ではないことを知ります。

正確に言うと、ハヤシは自分の母親と祖父の間にできた子供だったんですね。

これだけでも、かなり衝撃の事実ですよね><

でも、これはほんの序章に過ぎません。

 

実母と実祖父の子供であることを知って、荒れるハヤシを支え続けたのが幼馴染のまりあでした。

大人になって二人は結婚し、娘【あや美】にも恵まれます。

ですがある日ハヤシが仕事から帰ると、家にはまりあとあや美と知らない男性が待っていました。

その男性はまりあが出産する前に勤めていた仕事の同僚【浅井】でした。

 

突然、ハヤシは浅井から衝撃の事実を知らされます。

それは、

「あや美はハヤシの子供ではなく、自分の子供である」

という事…。

読んでいる私も、「ウソでしょ?」と思う展開です。

 

さらに浅井は、

  • あや美は浅井とまりあの子であること
  • まりあはハヤシの出生の秘密を知って悩んでいた
  • まりあから相談を受けているうちに、男女の関係になっていた
  • まりあを解放してあげてほしい

なんて言うではありませんか!

どれだけ自分勝手なんでしょうか。

あまりの衝撃に怒りさえ沸いてしまいますね。

 

その事実を聞いたハヤシは自分の過去【自分は両親の子供ではなく、実母と実祖父の子供であること】がフラッシュバックし、その3人を襲ってしまったんですね…。

こんなに悲しい犯罪があるのか?

と思ってしまうほど、悲しく腹立たしい過去があったんですね…><

死役所【ハヤシ】かわいそうな罪の理由に同情の声も

原作を読んだ人たちは、ハヤシの過去をかわいそうだと思う人が多くいました。

死役所で働く人たちの、過去を辿ってみると罪を犯した理由に衝撃を受けます。

今回のハヤシの過去はもちろん、イシ間の罪の理由も悪と言い切ることができず、どれも考えさせられますね。

 

ドラマでハヤシの過去を取り上げて欲しい気持ちもありますが、かわいそうで見たくないという気持ちもあります^^;

罪のない自分の子【あや美】も襲ったことで、中には批判する声も聞かれます。

確かにあや美は関係なかったですよね。

でも自分の血を分けた子だと思って愛情を注いでいたのが、すべてウソだったと知ったら…。

やはりハヤシの取った行動は、共感できなくても理解はできる気がしてしまいます…><

ハヤシの過去は、人によって意見が分かれそうですね。

スポンサードリンク

死役所【ハヤシ】かわいそうな罪の理由…成仏はできる?

今後、死役所の勤めを経てハヤシは成仏することができるのでしょうか?

実は原作でもまだハヤシが成仏するシーンは出てきていないんですね。

私の予想は、「成仏する!」

です^^

イシ間と同じく成仏した後を予想するとしたら、天国に行くとも思っています。

 

もちろん、今のハヤシのままではダメです!

今のハヤシは自分が犯した罪が、どれだけのものか理解していません。

けれど原作では亡くなった人と話をしていく中で、ハヤシの気持ちに少しづつ変化が起きているんですね。

「まだ分からないけど、自分と向き合ってみようと思う」

と話す場面がありました。

時間はかかるけど、自分が犯した罪と向き合ってみると決意したんですね。

 

これから時間をかけて罪と向き合っていく中で、天国に行く道が開けるのかな^^?

と、予想しています。

今後のハヤシの気持ちの変化にも注目していきたいですね!

[itemlink post_id=”2239″]

【死役所】まりあは最低な妻?なぜハヤシを裏切ったかネタバレ!ハヤシの過去を知り、妻のまりあにはとても腹がたちましたね。 どうして、ハヤシに本当のことを早く伝えなかったのでしょうか? 伝...
スポンサーリンク
ABOUT ME
mugibatake
小学生の子を持つ一児の母です^^ 産後、ドラマもニュースも見れず流行から遠ざかっていましたが一念発起! 応援したい人・気になる人やお店を調べて記事にしています。