映画

【太陽は動かない】映画とドラマの違いを比較!原作あらすじをネタバレ!

映画「太陽は動かない」の公開が決定し、予告も少しずつ解禁されています^^

小説「太陽は動かない」が原作となった映画ですが、実はドラマ版もあるって知ってましたか^^?

今回はドラマと映画のあらすじや、キャストの違いを見ていきましょう♪

スポンサーリンク

【太陽は動かない】映画とドラマの違いを比較!あらすじの違いは?

映画「太陽は動かない」の公開が決定しました^^

予告も次々と発表され、公開日が楽しみです♪

 

この「太陽が動かない」は小説を原作としたストーリーなのですが、映画だけでなくドラマ版もあるって知ってましたか?^^

ドラマ版は、WOWWOWで放送されました。

 

当初は、ドラマから映画への連動で一挙映像化する予定だったんです。

映画の公開日が決まったという事で、早速ドラマと映画の違いを見ていくことにしましょう^^

映画版あらすじ

主人公の鷹野一彦(藤原竜也)は、秘密組織「AN通信」のエージェント。

彼と相棒を組むのは、新人の田岡亮一(竹内涼真)です。

 

ふたりには、ある秘密がありました。

それは、心臓に爆弾を埋め込まれていること。

 

24時間以内にミッションを達成しないと、爆弾が爆発してしまいます。

ミッションのたびに、二人は死の危険が迫る状態になっていました。

そして「新時代エネルギー」の極秘情報を巡り、各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦を繰り広げることになるのです。

ドラマ版あらすじ

ドラマ版では、原作者の吉田修一さんが手がけた原案をもとに作られたオリジナルシナリオが採用されています^^

鷹野一彦と田岡亮一は、風間武(佐藤浩市)の指令を受けて、国際都市博覧会建設現場の爆破事件の首謀者を調査を始めました。

 

政財界の大物や世界の大国を巻き込む超巨大利権が絡みあい、それぞれの思惑が交錯していくことになっていきます。

やがて鷹野一彦は、自分の過去に大きな影を残す「ある男」の存在に気づきます。

それが、元AN通信エージェントの桜井修(安藤政信)の存在でした。

 

映画でのメインは、新時代エネルギーの極秘情報をめぐって、各国のエージェントと頭脳戦を繰り広げていくというもの。

ドラマでは、国際都市博覧会建設現場の爆破事件の首謀者をつきとめるのが目的となっています。

登場人物や設定に違いはないものの、物語の目的部分に違いがあるようですね^^

【太陽は動かない】映画とドラマの違いを比較!キャストの違いは?

次に登場人物の違いを見てみましょう。

映画とドラマの両方に登場する人物

鷹野一彦【藤原竜也】

産業スパイ組織AN通信のエージェント。

頭脳明晰で、身体能力もずば抜けている。

 

田岡亮一【竹内涼真】

鷹野と相棒を組むAN通信の新人エージェント。

まだ、未熟さが残っている。

 

風間武【佐藤浩市】

AN通信の司令塔で、鷹野たちの上司。

謎の失踪を遂げた元新聞記者でもある。

 

山下竜二【市原隼人】

AN通信のエージェントで、鷹野の同輩。

当初は田岡の面倒を見ていたが、現在は香港に潜入中。

 

鷹野一彦の高校時代【日向亘】

高校時代の鷹野・18歳で自らエージェントに志願した。

ドラマに出演する人物

WOWWOWで放送のドラマのみ出演のキャストさんがこちらです!

  • 桜井修役【安藤政信】
  • 落合香役【多部未華子】
  • 桐野研次郎役【柿澤勇人】
  • 周役【酒向芳】
  • 中尊寺信孝役【石橋蓮司】
  • 永島徹役【吉田鋼太郎】

多部未華子さんは、ヒロイン役として登場^^

安藤政信さんは、鷹野一彦に大きな影響を与えた人物として登場しています。

 

ドラマでは、日本の女優さんや俳優さんが多く出演している印象ですね^^

では、次に映画版のキャストさんを見ていきましょう!

映画に出演する人物

こちらが映画のみ出演しているキャストさんです。

  • AYAKO役【ハン・ヒョジュ】
  • デイビッド・キム役【ピョン・ヨハン】
  • 菊池詩織役【南沙良】
  • 柳勇次役【加藤清史郎】
  • ジミー・オハラ役【横田栄司】
  • アンディ・黄役【翁華栄】
  • 小田部奈々役【八木アリサ】
  • 小田部教授役【勝野洋】
  • 河上麻子役【宮崎美子】
  • 河上満太郎役【鶴見辰吾】

ドラマ版と比べると、外国のキャストさんがグッと増えた印象です^^

 

ドラマでヒロインを演じた多部未華子さんは、映画版ではこちらのハン・ヒョジュさんが演じていますよ♪

ハン・ヒョジュさんは、韓国で活躍している女優さんです。

キレイな方ですよね^^

ヒロイン役に抜擢されるのも納得です♪

スポンサードリンク

【太陽は動かない】映画とドラマの違いを比較!主題歌の違いは?

最後にドラマと映画の主題歌を見ていきましょう!

 

ドラマ&映画のプロジェクト共通主題歌として選ばれたのは、King Gnuの新曲「泡(あぶく)」でした^^

主題歌は、ドラマも映画も同じ曲が使われているんですね。

 

この曲、実はKing Gnuの前身バンドサーバ・ヴィンチ時代に誕生していた楽曲が元になっているんです。

映画「太陽は動かない」の主題歌になることをきっかけに、新しい作品へと昇華させ、さらにタイトルも「泡(あぶく)」へと変更したそうですよ^^

 

King Gnuは、この曲について「常に死と隣り合わせの鷹野と田岡の気持ちを表わした一曲になっている」と話していましたよ。

映画公開に先駆けた予告動画で「泡」が公開されたものの、フルの楽曲はまだ発売されていません><

映画が公開され次第、正式に発売されるのかもしれませんね!

 

今回は「太陽は動かない」のドラマと映画の違いを見てきました。

小説を原作にしているものの、ドラマはオリジナルのストーリーということもあり、映画もドラマもどちらも楽しめそうです^^

ふたつの物語は別物なので、どちらから見ても楽しむ事ができますよ♪

映画ではドラマ以上の激しいアクションシーンに期待しています!

スポンサーリンク