映画

【太陽は動かない】AN通信とは?仕事の内容や作られた理由は何?

「太陽は動かない」に登場するAN通信って、どんな仕事をする組織なのでしょうか?

AN通信が作られた理由も気になりませんか><?

今回は、AN通信の仕事内容や、組織が作られた理由を紹介していきます!

AN通信で働いている人たちの秘密についても、まとめていますよ^^

スポンサーリンク

【太陽は動かない】AN通信って何?

「太陽は動かない」では、鷹野と田岡がAN通信という団体に所属しています。

正式名称は「Asia Net communications(アジアネットコミュニケーションズ)」

 

この団体、いったいどんな活動をしているのか気になりますよね><

原作小説の解説では、こんなふうに紹介されていました。

AN通信とは、表向きはアジア全域のニュースを配信する通信社、しかし実の姿は世界を股にかけて金になる情報を探る産業スパイ組織です。

引用:幻冬舎プラス

 

世間的には、ニュースを配信する通信社に見せかけ、実は産業スパイを目的とする組織なんです><

では、産業スパイって何なのでしょうか?

 

産業スパイとは、企業や国家機関が持つ技術や情報を盗み出して他の企業などに売ったり、情報を流出させる行為のこと。

想像もつかない大きなお金が動いている事が予想されます。

そのため、スパイの裏切りは組織にとっても命取り!

 

そこでAN通信の構成員は、あらかじめ心臓に爆弾が埋め込まれるんです><

しかも、24時間毎に本部へ定期連絡をしないと爆弾が爆発して強制的に命を絶たれてしまいます・・。

 

なんて恐ろしいのでしょうか。

それほど、AN通信は徹底された組織だという事が分かりますね。

【太陽は動かない】AN通信って何?設立された理由は?

AN通信が産業スパイの組織である事は、分かりました。

では、いったい何の目的で設立されたのか?

こちらも気になります。

 

AN通信が立ち上げられた経緯は、ドラマの中で明かされていました。

80年代の日本では、アジアのCNNを作ろうという構想が挙がります。(CNNとは、アメリカのニュースチャンネルです。)

内容は、アメリカ・ヨーロッパ・日本のそれぞれでニュースを集めるというもの。

 

アジア周辺のニュースは日本が集める事になります。

毎日8時間交代でアメリカ・ヨーロッパ・日本と順番に放送し、24時間のワールドニュースを作るのが目的とされていました。

これらの計画は「GMN構想」と呼ばれています。

 

GMN構想は具体的な計画までされたものの、昭和が終わると同時に立ち消えになってしまいました。

そのときに設立された企業名義の海外隠し口座に莫大な国家予算が流れ、AN通信が作られれます。

AN通信は、プールされたお金を隠すための企業だったんです><

 

時間が経ち、現在のAN通信は国境を股にかけた諜報部隊として存在していて、情報を高値で売ることを生業にしている産業スパイとなりました。

本社は東京にあり、社員の数は50人規模の中小企業。

東京本社の他にも、上海支局・ホーチミン支局・ソウル支局・バンコク支局などがあります。

 

AN通信が配信する映像は、世界の政治や経済についてのものが多くあります。

実はAN通信には、前身の会社がありました。

それが「アジアネットホールディングス」です。

 

GMN構想の立ち消えと同時に関連会社が倒産手続きをとる中で、唯一経営陣を総入れ換えをして、AN通信となり現在に至ります。

AN通信の構成員は体に爆弾を埋め込まれる事は、先ほど述べました。

 

実は、もうひとつ構成員の特徴があります。

それはスパイとして活動する構成員たちは、それぞれ幼少期に虐待を受けたり、親から捨てられたりした子供たちであるという事・・。

しかも、その子供たちは世間では亡くなったと報じられています。

 

AN通信に養子として引き取られた子供たちは名前を変え、構成員として徹底的に訓練されると言います。

主人公の鷹野にも、天涯孤独の身となった過去がありました。

 

一人きりになった鷹野は、上司の風間武に拾われます。

親類縁者がおらず、限りなく情報漏洩の可能性が少ない人を組織のコマとして使うところを見ても徹底された組織である事が分かりますね。

【太陽は動かない】映画とドラマの違いを比較!原作あらすじをネタバレ!映画「太陽は動かない」の公開が決定し、予告も少しずつ解禁されています^^ 小説「太陽は動かない」が原作となった映画ですが、実はドラ...
スポンサードリンク

【太陽は動かない】AN通信って何?映画のあらすじやキャストをチェック!

主人公の鷹野一彦(藤原竜也)は、秘密組織「AN通信」のエージェント。

彼と相棒を組むのは、新人の田岡亮一(竹内涼真)です。

 

ふたりには、ある秘密がありました。

それは、心臓に爆弾を埋め込まれていること。

 

24時間以内にミッションを達成しないと、爆弾が爆発してしまいます。

ミッションのたびに、二人は死の危険が迫る状態になっていました。

そして「新時代エネルギー」の極秘情報を巡り、各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦を繰り広げることになるのです。

鷹野一彦【藤原竜也】

産業スパイ組織AN通信のエージェント。

頭脳明晰で、身体能力もずば抜けている。

 

田岡亮一【竹内涼真】

鷹野と相棒を組むAN通信の新人エージェント。

まだ、未熟さが残っている。

 

風間武【佐藤浩市】

AN通信の司令塔で、鷹野たちの上司。

謎の失踪を遂げた元新聞記者でもある。

 

山下竜二【市原隼人】

AN通信のエージェントで、鷹野の同輩。

当初は田岡の面倒を見ていたが、現在は香港に潜入中。

 

鷹野一彦の高校時代【日向亘】

高校時代の鷹野。

18歳で自らエージェントに志願した。

 

ここまでは、ドラマと映画共通で登場するキャストさんたちです^^

そして、映画のみに出演するさん達がこちら♪

  • AYAKO役【ハン・ヒョジュ】
  • デイビッド・キム役【ピョン・ヨハン】
  • 菊池詩織役【南沙良】
  • 柳勇次役【加藤清史郎】
  • ジミー・オハラ役【横田栄司】
  • アンディ・黄役【翁華栄】
  • 小田部奈々役【八木アリサ】
  • 小田部教授役【勝野洋】
  • 河上麻子役【宮崎美子】
  • 河上満太郎役【鶴見辰吾】

 

ドラマ版と映画版では、それぞれに出演するキャストさんが違うところも楽しみのひとつ^^

小説を原作にしているものの、ドラマと映画は別のストーリーということもあり、ドラマを見た人も楽しめそうですね!

映画ではドラマ以上の本格的なアクションもあり、私もとても楽しみにしています^^

スポンサーリンク