映画

映画【cube】の黒幕は誰で何者?目的や選ばれた理由も!

映画cubeが始まりました^^

cubeの原作は密室を舞台にしていて、登場人物は6人!

こんなにも少ないキャストでありながら、とても印象に残る映画だったのを覚えています。

今回は、映画のメインとなるキューブボックスを作った黒幕について見ていきたいと思います。

さらに、キューブボックスを作った目的や、ボックスに入る人物が選ばれた理由も見ていきましょう!

スポンサーリンク

映画【cube】の黒幕は誰?あらすじやキャストは?

1997年に話題になったカナダの映画CUBE。

主要人物が立方体の部屋に閉じ込められる場面から、物語が始まります。

この部屋がどうして存在するのか気になるところですが、原作では最後まで理由が明かされませんでした。

 

この部屋を誰が作ったのか?

どうして、この部屋が作られたのか?

気になりますよね。

ヒントを探すために、まずは日本版CUBEの登場人物について見ていきましょう!

後藤裕一【菅田将暉】

職業、エンジニア。

家族は、父親と弟の博人の三人。

性格は頭脳明晰で、現在の状況を冷静に受け入れて脱出のための作戦を練る。

本人は気付いていないが、中学生の千陽に特別な感情を抱いていた。

時間が経つにつれて、後藤自身の過去のトラウマと向きあうことになっていく。

甲斐麻子【杏】

職業は団体職員で、家族構成や出身地は不明と謎が多い女性。

とても冷静沈着であり、自分のことはほとんど話さないので、何を考えているかよくわからない人物。

冷たく見えるが、5人を見守ってる一面も見られる。

越智真司【岡田将生】

フリーターでコンビニ勤務。

家族構成は両親と妹。

性格はとても人懐っこいが、パニックになりやすくて変化に弱い一面がある。

CUBEに閉じ込められたことをなかなか受け入れられず、騒ぎ立ててしまう。

自分が世間から虐げられているという意識が強いため、権力者や年上が嫌い。

宇野千陽【田代輝】

両親と弟と暮らす中学生。

元々は明るい性格だったが、中学校で壮絶ないじめに遭ったのをきっかけに心を閉ざしてしまう。

人を信じる事ができない性格で、特に助けてくれない大人に強い嫌悪感を示す。

始めは後藤の事も拒否していたが、少しずつ変化が起こっていく。

井手寛【斎藤工】

職業は整備士で、妻と暮らす。

責任感が強くてリーダーシップのタイプであるが、時々暴走してしまい短絡的な部分も・・。

閉じ込められたメンバーの中で、唯一閉じ込められる前の記憶を持つ。

瀕死の妻のために出口を探すが、時間がなくて非常に焦っている。

安東和正【吉田鋼太郎】

職業は広告代理店役員で、家族構成は妻と娘。

やり手のサラリーマンだが、出世するためには手段を選ばないため敵が多い。

そのため、心の奥底には罪の意識を抱えていた。

がむしゃらに働いてきたので、やる気のない若者や子供が嫌いな一面がある。

 

ここからは、映画の内容を少しネタバレ!

予告動画にもあるのですが、一人の少年が屋上から今にも飛び降りようとしている箇所が登場します。

この少年、実は後藤の弟なんですね。

後藤と弟は、父親から虐待を受けていました。

弟は、兄の後藤にツライ気持ちを吐き出すのですが、後藤は「俺のようにガマンしろ」と言い放ちます。

その言葉がきっかけとなり、弟は自分の命をたちました。

 

後藤の紹介文にある「過去のトラウマと向きあうことになっていく」というのは、弟のことだったんですね。

弟を救えなかった自責の念から、後藤は中学生の宇野を無意識に気にかけていたのでしょう。

では、いったいキューブは誰が作ったのか?

黒幕がいるとしたら、誰なのかについても見ていきましょう^^

映画【cube】の黒幕は誰で何者?目的は何?

日本版キューブは、オリジナルストーリーです。

そのため、黒幕がいるとした場合、原作とは違う可能性が高いと予想していました。

ここからは、映画の内容をネタバレしながら、黒幕を見ていきますね^^

実際の黒幕は、甲斐麻子(杏)

映画の始まりから、甲斐の話し方やしぐさに違和感があるのですが、それは甲斐の正体がロボットだったから。

 

映画の中で、安東(吉田鋼太郎)と越智(岡田将生)が二人きりになるシーンがあります。

これも、黒幕である甲斐のしわざでした。

他には、過去に閉じ込められた人がヒントを書いた部屋に、トラップが発動する場面があります。

このトラップを発動させたのも、甲斐でした。

恐らく、キューブのメンバーと共に行動していた甲斐は、「誰を生き残らせるのか」を決めて行動をしていたと考えられます。

 

最終的には、中学生の千陽だけがトラップの部屋から脱出。

生き残ったのは、千陽のみという結末でした。

原作でも、カザンという少年だけが生き残っています。

しかし、最後の最後でなんと後藤が生きていたんですね!

これは予想外でした><

 

しかし、映画ではキューブボックスが作られた目的は明かされていません。

後藤が生きているとなると、続編の可能性も考えられますね。

となると、キューブが作られた目的は、続編で明かされるのではないでしょうか^^

では、次に6人のメンバーが選ばれた理由について見ていきましょう^^

⇒映画【CUBE】原作結末をネタバレ!あらすじや黒幕も!

映画【CUBE】原作結末をネタバレ!あらすじや黒幕も!cube日本版が公開されました^^ 公開を待ちきれずに、原作映画もチェックしてしまいました♪ 今回は、原作cubeの結末を見...
スポンサードリンク

映画【cube】の黒幕は誰?選ばれた理由は?

原作映画では、部屋に閉じ込められた人たちが選ばれたのは、

  • 元死刑囚
  • 自ら被験者になることを志願した人

これらが理由でした。

他にも、正義感が強すぎて国にとって都合の悪い人物も選ばれています。

 

これらを踏まえて予想すると、日本版CUBEで選ばれた人物は、

  • 過去に罪を犯している人物
  • 周囲から強い恨みを買っている人物
  • 自ら志願した人物

これらの理由で選ばれたと考えています。

 

とすると、キューブボックスは、実験を目的として作られた可能性が考えられますね。

その実験の内容は、こちらです。

  • 過去に罪を犯した人物が反省しているのかを見極める
  • 自ら志願した人物が死を望んでいるのか生きたいのかを見極める

これらを知るための実験装置として、キューブボックスが作られたのではないでしょうか?

 

映画の最後には後藤が生きていることも分かり、続編の可能性も出てきました^^

今回の謎が続編で明らかになることも考えられます。

今後も新しい情報が分かり次第、追記していきますね!

⇒【CUBE】日本版の年齢制限は?リメイクがひどいと酷評も?

【CUBE】日本版の年齢制限は?リメイクがひどいと酷評も?CUBE日本版が公開されました^^ 原作が怖いだけに、年齢制限があるのか気になるところですよね>< 今回は、CUBE日本版の...
スポンサーリンク