映画

【東京リベンジャーズ】完結してる?最終回の内容やあらすじは?

東京リベンジャーズの映画やアニメが話題になっていますが、原作漫画は完結しているのでしょうか?

今回は、東京リベンジャーズが完結しているのかについて見ていきましょう!

あわせて、最終回の内容についても見ていきますよ^^

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】完結してる?あらすじをチェック!

漫画「東京リベンジャーズ」のアニメ化と実写化が公開されました。

同じ年にアニメと映画の両方が放送されるのは、すごい事ですよね^^

それもそのはず、東京リベンジャーズは単行本累計発行部数が700万部を突破しているんです!(2021年1月時点)

この数字からも、東京リベンジャーズの人気ぶりが伺えますね。

まだ原作を読んだ事がない・・という人のために、簡単なあらすじを見ていきましょう!

 

主人公の花垣武道は、夢や目標もなくフリーターとしてさえない暮らしを送っています。

ある日武道は、中学時代に付き合っていた彼女・橘日向と、弟・橘直人が東京卍會の抗争に巻き込まれて亡くなったことを知りました。

武道は過去を振り返り、「こんなはずじゃなかった・・」という思いを抱いて生活をしています。

 

ある時、武道はバイトの帰り道にホームで何者かに突き落とされてしまいました。

死の覚悟を決めた武道でしたが、気づくとそこには2005年の世界が広がっています。

2005年と言うと、武道は中学二年生。

武道自身が、人生のピークだと思っている中学二年生の時代にタイムスリップしていたのです。

 

現在の武道が生きている世界は2017年ですから、12年前にさかのぼった事になりますね。

タイムスリップした武道は、その後2005年の橘日向と出会います。

直人とも顔を会わせたのですが、二人が握手した瞬間、なんと武道は現代に戻って来てしまいました。

 

2017年の現在で目覚めた武道の前にいたのは、東京卍會との抗争に巻き込まれて死亡した直人。

死亡したはずが、生きているのです。

なぜなら、タイムスリップした武道が直人に会ったことで、未来が変わっていたから。

しかし、日向の未来は変わることはなく、死亡していました。

過去を変えることで未来が変わることを知った武道は、日向を救うために2005年の過去に再び戻ることを決意します。

 

主人公・武道は不良ではあるものの、ケンカはとても弱いという憎めない性格^^;

ですが、タイムリープを繰り返すうちに武道は少しずつ強靭な精神力を身に着けていきます。

さらに、友情の絆を糧にする事で、屈強な相手とも渡り合えるほどに成長していくんですね><

そんな武道の成長ぶりも、東京リベンジャーズの魅力!

普通の不良漫画かと思っていたのですが、SFやアクションの要素が盛りだくさんなのでついつい私もハマってしまいました^^

【東京リベンジャーズ】完結してる?最終回の内容を予測!

私もすっかりハマった東京リベンジャーズですが、現在も連載は続いていて完結はしていません^^

最新刊は2021年9月に発売された24巻です!

 

この24巻の第207話から「最終章」に突入しました。

これまでの東京リベンジャーズに登場した「83抗争」「血のハロウィン」「聖夜決戦」では、ひとつの物語に26話~44話程度かかっています。

 

もっとも多くかかったのは「関東事変」の86話!

今回は「最終章」ということもあり、関東事変と同じくらいの話数にはるのではないかと予想しています。

ですので、第300話あたりに最終回を迎えると考えていますよ^^

時期としては、2022年5月頃になるのではないでしょうか。

 

もし最終回を迎えるとした場合、私が予想する結末はこちら!

マイキーが黒い衝動を抑え込む事ができずに、闇落ちしてしまったが、回避する事に成功。

さらに、すべてのメンバーが生きていて、タケミチとヒナが結婚するというハッピーエンドを予想しています^^

タケミチがこれまでに、何度も命をかけてタイムリープをし、掴んだ現在ですから最後は幸せな結末が待っていると信じていますよ♪

 

ですが、もうひとつ予想している結末があります。

それは、マイキーが闇落ちを回避し、タケミチだけが亡くなってしまうという結末です><

タケミチがタイムリープをする中で、何度も命を危険にさらした結果、全員の命とマイキーの闇落ちを防ぐ事ができれば完璧な展開ですよね。

 

しかし、みんなの未来を守った結果、タケミチだけがタイムリープした先で命を落としてしまう・・

最終回では、そんなタケミチの勇気を称える場面で終わるのではないかと考えました><

 

とは言え、私の願いとしてはハッピーエンドを期待していますよ^^

⇒【東京リベンジャーズ】打ち切りってマジ?何巻まで続くの?

【東京リベンジャーズ】打ち切りってマジ?何巻まで続くの?東京リベンジャーズの実写化が決定し、気になる原作を早速読んでみました^^ 先が気になる漫画なので、ついつい止まらずに読んでしまいま...
スポンサードリンク

【東京リベンジャーズ】完結してる?第二部の可能性は?

最終巻の予想と併せて、もうひとつ私が予想していた事がありました。

それは、東京リベンジャーズの第二部が出る可能性です。

私は23巻以降が第二部として始まると予想していました。

ですが、24巻で最終章が始まったことを考えると、このまま最終回を迎える可能性が高いと考えられますね。

 

では、最後に、漫画東京リベンジャーズに出る登場人物を見ていきましょう^^

花垣武道(はながきたけみち)

主人公の男性。

1991年6月25日生まれで、過去の身長は165cm。

タイムリープ前はボロアパートに住み、ダメフリーターだった。

ある日、何者かに電車のホームで突き飛ばされたことがきっかけで、タイムリープに目覚める。

喧嘩の実力は、強者相手では敵わないほど最弱。

しかし、タイムリープを繰り返すうちに強靭な精神力を身に着け、さらに友情の絆を糧にすれば屈強な相手とも渡り合えるほどに成長した。

橘日向(たちばなひなた)

武道が好意に持つ女性で、武道が中学2年生時に交際していた彼女。

タイムリープする前の現代では「東京卍會」の抗争に巻き込まれ、弟の直人と共に死亡していた。

橘直人(たちばななおと)

日向の弟。

タイムリープする前の現代では日向と同じく死亡していた。

佐野万次郎(さのまんじろう)

「東京卍會」総長。

マイキーと呼ばれる人物で「無敵のマイキー」と称されている。

誰もが知るカリスマ中のカリスマで、喧嘩の強さは天下一品。

龍宮寺 堅(りゅうぐうじ けん)

「東京卍會」副総長。

通称ドラケンは、左のこめかみに施された龍の刺青が特徴。

万次郎の頼れる相棒である。

千堂敦(せんどうあつし)

中学時代の武道がいた不良グループ「溝中五人衆」のリーダー格。

通称アッくん。

三ツ谷隆(みつやたかし)

弐番隊隊長。

東卍のまとめ役で、創設メンバーの一人。

元隊長職を務めるかたわら、学校の手芸部では部長を務めている。

手先が器用で、創設当初の特攻服や武道の初めての特攻服を仕立てた。

林田春樹(はやしだはるき)

前参番隊隊長で、通称はパーちん。

現東卍の特攻隊長的な存在で気性が荒く短気な性格。

東卍の創設メンバーであり、当初は旗持ち役をしていた。

清水将貴(きよみず まさたか)

参番隊隊員で、通称はキヨマサ。

渋谷三中に在籍する。

稀咲鉄太(きさきてった)

元「愛美愛主」幹部であり、元「東京卍會」参番隊隊長。

現「天竺」総参謀で、現代では「東京卍會」総長代理である。

半間修二(ハンマシュウジ)

元「愛美愛主」総長代理であり、元「芭流覇羅」初代副総長。

さらに、元「東京卍會」陸番隊隊長で、現「天竺」幹部。

長内信高(おさないのぶたか)

「愛美愛主」八代目総長で、ボクシングが得意。

東京リベンジャーズの登場人物は多く、他にもたくさんクセのある人物が登場しています!

実写版やアニメでは、どの登場人物が出てくるのか注目するのも楽しいですよ^^

⇒【東京リベンジャーズ】アニメは何巻のどこまで?放送の期間も!

【東京リベンジャーズ】アニメは何巻のどこまで?放送の期間も!東京リベンジャーズの実写化が決定し、2021年4月からはアニメの放送も始まります^^ 早速原作漫画を読んだのですが、アニメではどこ...
スポンサーリンク